〜仙台武道館少年剣道クラブのあゆみ〜

昭和49年7月 仙台市武道館完成(現在の錦町公園内)
昭和49年9月 菅原昭吾,斎藤和美,後藤礼子氏等が発起人となり,「仙台武道館少年剣道部」
が発足。毎週土曜日を練習日として,仙台市武道館とは別に父兄による運営がなさ
れることになりました。スタート時の師範は,冨岡吉司,氏家一義,佐藤正男,
今野孝太郎,鹿郷昭治の諸先生方でした。
昭和50年3月 団体名を「仙台武道館少年剣道クラブ」と改名。
師範に小幡忠雄,鈴木正志両先生を新たに迎え,運営面でも現在の基礎が着々と
築かれていきました。50年度以降,仙台市や宮城県大会はもちろん,その他の大きな
大会にも出場するようになりました。
昭和50年8月 第10回関東・東北・北海道少年剣道大会へ初出場。
昭和52年3月 第18回全国選抜少年剣道錬成大会(水戸大会)へ初出場。
昭和52年5月 内藤亮,阿部東悦,阿部東司先生を師範として迎えました。
昭和52年11月 仙台武道館少年剣道クラブ創立3周年記念大会を開催。
昭和53年8月 第13回全日本少年剣道錬成大会(日本武道館)へ小中学生初出場。
昭和54年4月 広瀬ライオンズクラブ主催により,「青少年に希望と勇気を」というスローガンのもと
仙台市内少年剣道大会が,当クラブ駒形元会長の発案で開催(35チーム参加)され、
以後毎年開かれております。
昭和54年10月 仙台武道館少年剣道クラブ創立5周年記念大会を開催。(市内外の10チーム参加)
昭和55年8月 水戸東武館から100名の剣友が来仙,当クラブと合同錬成を行いました。
昭和56年8月 仙台七夕まつりの第11回動く七夕に初参加。
昭和56年9月 仙台武道館少年剣道クラブ創立7周年記念大会を開催。(市内外の10チーム参加)
昭和58年3月 師範会主催により第1回「6年生を送る会」が開かれました。その後毎年3月に行わ
れています。
昭和60年5月 伊達政宗公350年祭「青葉まつり」パレードに参加。(50名)
平成元年9月 仙台武道館少年剣道クラブ創立15周年記念大会を開催。(市内外の14チーム参加)
平成2年4月 当クラブ会長に帖佐盛雄氏が就任。
平成6年9月 仙台武道館少年剣道クラブ創立20周年記念大会を開催。(市内外の17チーム参加)
平成8年4月 当クラブ会長に保積利信氏が就任。
平成10年6月 旧仙台市武道館にて,OBのみなさま,父兄のみなさまと共に「さよなら稽古会」
を行いました。
平成10年7月 青葉区北仙台に仙台市武道館が移転し,新武道館で稽古を始めました。
平成10年10月 当クラブ主任師範に今野孝太郎先生が任命されました。
平成10年11月 当クラブ創設期よりご尽力いただきました前主任師範冨岡吉司先生が逝去されました。
平成10年11月 仙台武道館少年剣道クラブ師範 阿部東悦先生六段昇段。
平成11年2月 師範の先生方全員と子供達が山形市にて合宿を行いました。
平成11年11月 仙台武道館少年剣道クラブ創立25周年記念大会を開催。(市内外の32チーム参加)
平成12年4月 当クラブ会長に桃野幸男氏が就任。
平成13年1月 今野孝太郎先生が全日本剣道連盟より「剣道有功賞」を受賞されました。
平成14年1月 岡山県昇龍旗争奪全国選抜大会へ初出場。
平成16年12月 仙台武道館少年剣道クラブ創立30周年記念大会を開催。(市内外の39チーム参加)
平成17年4月 当クラブ会長に中居浩一郎氏が就任。
長らくご指導いただきました当クラブ主任師範今野孝太郎先生が名誉師範となり、
新主任師範に鈴木正志先生が任命されました。
平成18年4月 当クラブ会長に中居修二氏が就任。
当クラブ新主任師範に阿部東悦先生が任命されました。
平成20年5月 当クラブ名誉師範今野孝太郎先生が逝去されました。
平成21年10月 当クラブ元会長帖佐盛雄氏が逝去されました。
平成21年12月 仙台武道館少年剣道クラブ創立35周年記念錬成大会を仙台市武道館にて開催。
平成23年3月 東日本大震災により仙台市武道館も避難所等となったため,稽古等をしばらく中止。
平成23年5月 上杉山中や東六コミセンを使用して稽古を再開しました。
平成23年8月 仙台武道館少年剣道クラブ主任師範 阿部東悦先生七段昇段
平成23年9月 9/3より仙台市武道館にて稽古を再開しました。
平成24年12月 当クラブ元会長桃野幸男氏が逝去されました。
平成26年11月 仙台武道館少年剣道クラブ創立40周年記念大会を開催。(市内外の32チーム参加)
平成27年5月 当クラブ主任師範 阿部東悦先生 教士称号取得。

 

 

 

 

 



inserted by FC2 system